作家

幻想書く その1

イギリス古事民族誌

イギリス駐在時代に

「民族の歴史もわからず相手に伝わることなど無い」

なんて上司に言われ

買いましたね

でも単行本ではなくハードカバーで

2600円以上でしたね(1996年です)

  • 浮浪者へのお仕置き
  • さらし台
  • 新・旧ロンドン橋
  • 義賊ロビンフッド

なかなか興味深いです

幻想ものなど書くのに

土地を理解するのは大事だなと思いました

ファンタジーは古典盛沢山

個人で買おうと思うと高いです

でも

図書館です

ここを使えば資料が豊富です

拙著PIPEDREAMシリーズ次回は

幻想ものにしようかなと思っているので

是非、調べていきたいところです

あ、これが先般でました最新版です

カードという神秘

妖精と併せて

タロットカードも

神秘的ですね

これに魔力を込めて

ってなんかありましたね

そんなアニメ

あ、これだ

これって少女漫画なのですね

宇都宮でコスプレぐらいしか見たこと無かったですが

もう結構昔なのですね

あ、でもゲームでは

カードゲームバトルなんてのが

あって多種多様です

創作活動として

触れるのは気を付けなくてはいけないですね

ポケモンもそうなようですし……

 

「霊力は気付く能力」「魔力は人を迷わす能力」

霊力、魔力ってこんな区別があるのですね

文章上で使用時も注意しなくてはなりませんね

霊力とか

そんな拘って使い分けしていないですね

異世界転生ものなんてのも

ほぼ言葉は「魔力」ですね

アイテム整理

冒頭の故事に習い

幻想物を書くのに

アイテムを整理してみると

  • カード
  • よろい

こんなところでしょうか?

なんか

陳腐な展開をしてしまいそうです

 

 

 

 

-作家