作家

十二支妖異譚 神様になれなかった動物

十二支妖異譚

年の瀬で何かと十二支の話が出ます

福井栄一氏は

上方文化評論家として

十二支にまつわる話を取りまとめています

動物ビジネスシリーズ展開しているため

思わず手に取りました

子丑寅卯辰巳午羊申酉戌亥

十二支にまつわる古典は様々です

冒頭のネズミで引用されているのは

「太平記」「平家物語」「古事記」など

数多くの書物です

ということは十二支の動物は

多数のインスピレーションを

書き立てる民俗学的古典なのですね

古典を読み解いて並べる

動物を擬人化し畏怖の念をもって

寓話を入れ込むというのは

手法として確立されていたのでしょう

それが年数をかけ

洗練され現代にまで語り継がれたのです

学ぶべき

ストーリーテラー要素あります

午殺しの報いで目が落ちた…など

少し怖い戒めなど込められています

地方伝承の妖怪の逸話もそういう要素がありました

年が変わるイベント

年が変わると暦が変わります

古くは中国の戦国時代から変遷し

日本に入ってきたようです

諸説あるので何とも言えませんが

年末年始に、その年の動物に思いをはせるのは

傾向を占うようで日本独特なのではと思います

風変わりなところではこんなアニメもあります→

 

 

 

-作家