ゴルフ

会員権購入、メンバーになるメリット

会員権・メンバになったあとのプレー代は安い

メンバープレー代ってある程度安いです。

しかし、会員権ってある程度払います。また入った後も年会費を払います。

結果、ある程度プレーしないと

年会費や会員権メリットはプレー代に反映されません。

「費用面のメンバーになるメリットを比較」

↑このサイトで示されるように

プレー数の見込みと回収期間の比較をしてみましょう

間違っても清算時に

「メンバーなのに高すぎる!」なんてフロントで叫ぶ事態は

避けたほうが紳士的です。(冗談抜きに、この20年で3名以上見たことあります)

メンバー枠があるコースは一人で行ってもOK

メンバー枠を設けているコースだと

一人で飛び込み電話してもプレーを組み合わせてくれます。

こんなことで知り合いが増え仲間になり

切磋琢磨するようになるのもクラブメンバーライフの一環です。

ただし、枠もなくメンバーで4名そろえて申し込んでください。…こんなコースもあります。

なのでメンバー枠の有無は要チェックです。

クラブ競技に出れる(オープン、ハンデ戦、いろいろ)

会員競技にいろいろ参加できます。

結果が良ければ、やる気もアップします。

また色々な技量に合わせて競技を盛んにしているコースは

ゴルフ場としても積極的にメンバーライフを考えてくれているということです。

なので、コースメンテにしても積極的な所は、ある程度丁寧な場合が多いです。

じゃないとビジターからインターネットの口コミで叩かれ、

メンバーから月例後の定例会で支配人が吊るしあげられるからです。

ゴルフ仲間が作りやすい環境を手に入れられる

一つのコースを何回も行けば知り合いも増えます。

ましてやレベルが上の人など組ませてもらえれば、

相手のプレー見ながら勉強になります。気が合えば

「今度の月曜、一緒にプレーしましょう」なんて話にもなります。

これがクラブライフなのかなと思います。

ゴルフ好きが出資して運営しているのが「ゴルフ倶楽部」

先輩が

「ゴルフ場は客商売ではない。メンバーが金を払って維持しているんだ。

なのでビジターは邪魔しているのであって、一歩下がるぐらいの気持ちが必要だ」

と言ってました。

それを払拭できるのがメンバーになるということだと思います。

 

 

-ゴルフ