作家

ログラインと設定の深さ、で「ちむどんどん」

ログラインと設定の深さ

このセオリーを守れば

大手映画会社が脚本を買ってくれるという本だそうです

この中でログラインで

物語の動線を確保し

矛盾なき話の展開の重要性をうたっています

ここいらへんの

理解度が足りないと

書いていて

「あ、なにいいたいんだっけ?」に

ならないのかと思います

また倉本聰氏なども

登場人物の性格やキャラクターなど

こと細かに書き込んでいったのだと言います

そういう設定が

ストーリーを展開させるのだと

NHK朝ドラ2022「ちむどんどん」はどうでしょうか?

既に火だるまです

もう火だるまで突っ走る

前にも記事にあげましたが

2022年9月末終了に向け

色々乱雑に話を展開しながら

ツイッターなどに矛盾を指摘されながら

あと10回という感じまで来ました

せめてログラインや設定をホワイトボードなどで

共有していれば

ここまで、展開に矛盾が生じなかったのではと

他人の組織ながら同情します

誰の何のためか

ブログなどでもそうです

誰かが訪れるという事は

悩みを解決するために情報を得たい

このドラマ、サイトを見て

情報を得て、その悩みを解消し

次のステッに行きたいんです

それを中途半端な認識でアップすると

「くず」情報の羅列になってしまう

なんなら更新しないほうが良いし

記事を消すほうが(一時非表示)のほうが

潔いのです

話を書いていて

拙著「動物ビジネス」シリーズも1年出しています

だんだん話が盛り込んで

長くなりつつあります

明確な話のガイドラインなしで書くほど

危険なのだと認識し

継続できればと考えます

この月1冊ペースは難しい感じですけど……

 

 

 

 

 

 

 

-作家