作家

ノブレスオブリージュイギリスの上流階級

ノブレスオブリージュイギリスの上流階級

英国女王がお亡くなりになって(2022.09)

なんとなく上流階級って

どうなっているのかなという疑問で

この本を取りました

「サー」なんちゃらとか

出てくると「商人貴族」なのか

確認したくなります

なにせ「はじめに」のイントロで

  • アッパークラス
  • ミドルクラス
  • アッパーミドルクラス

等の実在人物を例に出しながらの説明

これについていって

興味を得るかどうかが

この本を読み解くカギです

貴族の称号

だいたい貴族の称号って

どうなっているのか?

ここいらが導入です

  • 貴族の称号
  • 「ヤンガーサン」とアッパー・ミドル・クラス
  • カントリーハウスと相続
  • アメリカンマネー
  • ステイトリーホーム観光
  • アッパークラスの教育
  • アッパークラスとオックスフォード大学
  • 新しいアッパークラスと「ブライトヤングピープル」
  • 現代のアッパークラスのイメージ

「ダウントンアビー」

の世界をリアルだと、

こんな感じなのか解説してくれています

アメリカンマネー

この章が米国を出してきて

更なる多様性が色づきます

というか私はついていくのが

やっとでした

ま、アメリカでもうけた連中が

成り上がりが入れないアメリカの社交界にいかず

英国に戻って資金繰りに困っている貴族と結婚し

アメリカを見返すってな感じです

アメリカの中に

  • オールドマネー(質素倹約、代々の名家)
  • ニューマネー (新興の成金)

こんな図式があったとは知りもしなかったです

うずまく金と家名の中で

なにせ英国でアッパークラスというのは

ステータスでもあり

興味の対象でもあります

「金」「家名」…渦巻く世界

なんか日本でも似たようなことを題材に

あ、そうだ横溝正史氏の作品が

近しいじゃありませんか!

でも、ダウントンアビーを連想させませんな

図書館で英国貴族関係調べている人たちに

怒られそうです

そもそも日本は華族になったので貴族は難しいか

 

 

 

 

 

-作家