作家

「木」から辿る人類史

「木」から辿る人類史


森をテーマでPIPEDREAM(短編集)書こうと思って

手に取りました

海外作者の訳本なのですが

思ったより読み応え満載です

プロローグでイギリスとフランスの対立の中で

「まっすぐの大きな木」をいかにして得ようとしたか

そこから筆者が人類史に思いを馳せる

ここいらが納得しないと

先読んでも腹落ちしません

ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る

ヒトの進化と繁栄の秘密を木との触れ合いから

考察していきます

  • 木が人類の進化をもたらした
  • 木を利用して文明を築く
  • 産業化時代に変化した木材との関わり
  • 木の重要性と向き合う

こんな構成です

西洋文明は石じゃないの?

って感じですが

大航海時代の船にしろ

第一次世界大戦前の戦闘機にしろ

燃料としての木など

文明との付き合いはずっと続いているのです

緑化運動へのいざない

第3部あたりから森林保護への誘導が

開始されていきます

  • 薪や木炭にかわるもの
  • 19世紀における木材
  • 現代世界における木材
  • 森林破壊の影響
  • 木との関係を修復する

このようになっています

「現代世界における木材」で英国マンチェスターの例が出ていて

私も住んでいたことがあるので凄く納得できます

文明ではげ山になった後悔

英国には古代の森が

ほぼ残っていません

そのためこういう懺悔というか

後悔の念から

ようく考え行動しよう!って感じですね

東洋でもそういう感じで

韓国などは木がだいぶ伐採されてしまったようです

だから「もののけ姫」など

海外受けするのでしょうか?

 

 

 

 

-作家