ゴルフ

11年前震災時にゴルフ(正確には風呂場)その2

さて裸の十数人の男たちが怯えて震度6の揺れをやり過ごした後

電気がなかなかつかない暗い中

ドライヤー使えないことに不満を言うもの含め

口々に早く帰ろうなどと言い体を拭いてロビーに向かいました。

ここでも2点障害が起きていました。

1.貴重品ロッカーが停電時に開かない

そりゃ開きませんよね。でも財布やカードがだいたい入れてますよね?

うーん想定していないのですね。これは困った。

2.システム通信障害

現金決済にしろカード決済にしろ通信障害でレシートが出ません。

これは想定外だからでしょうね。

結局、1は近所の農家から発電機を借りてきて解決。

2は修復できないため、後日清算となりました。

その間、カート誘導路から外れた連中の誘導されている姿見たり、

ワンセグで各地の被害状況を見ながら家族と連絡を携帯でとったりしていました。

奇跡的に連絡が取れた嫁は

自衛隊の基地脇立地の場所でバイトしていました。

そこへ停電の交差点で大渋滞している中、

「とりあえず食べ物」と働いた頭で(ガソリンと思わないのが危機管理の足りなさですね)

途中のドラッグストアでパンとカップ麺をありったけ買いながら向かいました。

嫁もバイト先に被害もなく良く安心しました。

少しおすそわけなどして自宅に帰る道すがら

自衛隊脇は停電せず近所のファミレス2軒も平常営業してたのは、

ちょっとビックリでした。

ま、お国を守る事態の時に影響出ますもんね。そんな話が震災時のゴルフの思い出です。

-ゴルフ