ゴルフ

10000時間理論とゴルフ

「10000時間理論」って知っていますか?

しっかり鍛錬を積んで一人前になるまでの時間と言います

このぐらい時間を趣味に費やせば、その範囲の一定以上になるのだと。

ゴルフも球技のゴールデンエイジ(乳幼児期と小学生ぐらい2回あるらしいです)と

組み合わせ幼少期から時間をかけて実施するとプロになれるようです。

ある程度年齢行っても技能向上には有効なようで

「継続は力」のような言葉にも繋がっていますね。

で、10000時間って1日2時間で年間253日(土日祝休みぐらい)で

20年かかります。4時間で10年、8時間で5年って感じですね。

ゴルフで一定のレベルに来ている人の練習時間を聞くと

だいたい「10000時間」以上ですね。

練習の質は当然ですが、

練習のコツというより地道な練習時間の積み重ねが大事と思います。

その地道な時間の積み重ねを我慢できなくてコツを得ようとしたり、

諦めてしまうのが我々一般人なのでは?なんて思ってしまいます。

ちなみに成功例で「ステーブジョブス」「ビートルズ」を例に挙げる人もいます。

なので

シニア年齢になっても諦めずに頑張っていきたいと感じています。

 

 

-ゴルフ