ゴルフ

加圧トレーニング、初動負荷トレーニング、TRXトレーニング

各種トレーニング

ゴルフの動作で効率よく体を動かすのは

大事な要素です

従来のウエイトトレーニングではなく

目新しいものをやってみたい方に

この3種類の体験をお伝えします

  1. 加圧トレーニング    血流をバンドで抑制し成長ホルモンを促して効率的にトレーニング
  2. 初動負荷トレーニング  柔軟性・筋肉の反射を主眼にマシントレーニング
  3. TRXトレーニング    特殊なバンドで自重をかけ体幹を意識しながらトレーニング

お手軽順位は3-1-2です。

加圧トレーニング

2種類の習い方ができます

  1. 特殊な器具とトレーニングを積んだトレーナの下で学ぶ
  2. 公認の簡略器具で自宅トレーニング

残念ながら「1」は場所を選ぶパターンが多いので

「2」が4万円でスーツを買ってできます

※どうやら2種類の加圧スーツ(ZETTとKAATSU JPAN)があり

高額なほうがエア加圧になっているようです

私の持っているものはフェニックス→KAATSのベルト式の流れなので

安いものですが

腕・足への負担は結構あります

やり始めた時は血流制限で痣のようになりました

ゴルフのスイングのような動作に関して

ベルトで加圧した状態で筋肉をパンプアップし

加圧を抜いてほぐして実施すると

筋力アップしていてパフォーマンスがあがるというものです

故 杉原プロゴルファーがジャンボ尾崎プロに勝つため

トレーニングに取り入れていました

あ、エア式の本格的なほうです

初動負荷トレーニング

かのイチロー氏が自宅に導入している機械です

ねじる動作を加えながら反射を取り入れ

低負荷でウエイトをする

なので

専用マシーン、専用ジムが必要です

高度なストレッチマシーンのような感じです

そのような思想で

ホグレル

など整骨院のリハビリに導入しています

しなやかな筋肉の使い方がわかります

TRXトレーニング

アメリカの海兵隊が取り入れています

サスペンショントレーニングと呼ばれ

取っ手が付いたベルトに自重をかけ

体幹を意識しながらやります

スイング中のバランス感など

向上させることができます

 

 

 

 

 

 

 

-ゴルフ