ビジネス

生産工場のDXがよ~くわかる本

生産工場のDXがよ~くわかる本

生産工場DXというテーマです

拙著でそういうシーンなど書いておいて

体系立てられたものの知識不足あります

IT展やフードテックなどでも出展していましたが

これ知識・テーマでまとめられています

知識とDXのテーマ

まず4章に渡って30におよぶ基礎知識が展開されます

  • 工場のモノづくり
  • 生産コントロール
  • 品質コントロール
  • 原価コントロール
  • マネジメント
  • DX知識

その後DXテーマに移ります

  • 情報化変革
  • コストダウン
  • QCDの高度化
  • マネジメントの高度化
  • 保全業務への対応

間にコラムが14個挿入され

実際に工程改善した例が入っています

このコラムだけ飛ばし読んでも

気づきが得られるような気がします

 

おじさん受けするシステムは流行らないけど

おじさん受けするシステムは流行らない・・・・・

インスタやツイッター、TIKTOK以外のシステムを

示した言葉そうです

DXはデジタル変革なのでQ(品質)C(価値)D(納期)の根幹によって

必要知識から体系化されていきます

そういう意味ではバリバリの「おじさん向け」です

ただし実装するにあたり

「なんのため?」のシステムであるか明確であれば

ズレないとは思います

 

 

-ビジネス