ビジネス

工場は生きている

工場は生きている

ちょっと古い本です

阪神の震災から復興した現場を

絵を交えながら紹介しています

もしかしたら10年たっているので

企業は別の形態にシフトし

工場は変化しているかもしれません

でも

この取材時、瞬間のイキイキとした絵は

見る価値があります

工場経験が長いので感慨深いものがあります

大型工場と職人技

工場の紹介が大規模プラントなもの

職人芸なもの混合です

大規模プラント

  • 神戸製鋼
  • 新日本製鉄
  • 三菱重工造船所
  • 川崎重工
  • IHIアムテックなどなど

職人芸

  • 沢の鶴
  • ミズノインダストリー
  • 小野のそろばん
  • 播州織工房館など

いまだとYOUTUBEなどで

音楽つけて編集したりするのかもしれませんが

人の手で丁寧に描かれたものは

味があります

東日本の復興はどうだったのだろうか?

東日本震災の復興はどうだったのでしょうか?

私事で恐縮ですが

自分は震災時に工場がやすみだったのでゴルフしていましたが

震災後は工場へかけつけ

新入社員追い返して恨まれたりしましたが

その後ラインを復旧し

手作業で細々と製品をいち早く提供し

原材料不足で工程が一時停止になると

震災時の被災した製品を暑い中整理したりと

そこそこ苦労したような気がします

もし絵心が合って記録を取っていたら

結構劇的な変化だったと思います

まさに「工場は生きている」のです

作者の方々

加藤正文氏綱本武雄氏

両氏とも工場関係や震災などの著作があります

やはり地域の復興を願っての活動と

妙に納得してしまいます

最後に本はこう締めくくられています

ものづくりが地域の復興を支える

日本全体がそんな感じなのかもしれません

 

 

 

-ビジネス